Home > PSTEK UV Ballast > About PSTEK Ballast

About PSTEK Ballast

製の説明
概要

PSTEKのUV Lamp電子式安定器は、定格負荷で最高93%以上の効率、最高99%以上の力率(Active PFCを適用した場合)を成しながら、同級最小のサイズと最軽量の重量があります。このような高効率とCompactた外形に加えて様々な保護回路と制御回路などを備えて使いやすさと安定性を極大化した製品です。

特にMulti Loop Controlを介して一定の照射量と一定のパワーを制御することにより、様々な応用製品で最高の品質を得ることができる機能を備えており、管理プログラムと、様々なInterfaceそしてFull Digital Controlで、最大24台の安定器を一つのPCやPLCで制御して監視することができます。

PSTEK UV Lamp電子式安定器は、低周波パルスDC Typeの安定器(Low Frequency Pulse DC Ballast for UV Lamp)です。安定器を高周波のACで駆動すると、安定器からランプまでの距離を遠くするのに限界があり、ランプの圧力が高い場合には、音響共鳴によりランプが不安定になり、オフにすることもできます。また、DCで駆動する場合には、一方の電極のみ消費されてランプの寿命が短くなる欠点があります。 PSTEK UV Lamp電子式安定器は、安定器からランプまでの距離を100mまで増やすことができ、ランプの波高率はほぼ1に近い駆動してUVランプの寿命を向上させます。

PSTEK電子式安定器特徴
高効率、高機能、最軽量/超小型UV Lamp電子式安定器

制御方式
様々なinterface及びprotocolの提供で、様々な産業分野に活用

pstekの電子式安定器は、完全な管理プログラムと、 様々なインターフェイスそしてFull Digital Controlで最大32台の安定器を一つのPCやPLCで制御して監視することができます。(32代、リアルタイム制御及び監視)

SOA(Safe Operation Area)
SOA(Safe Operation Area)は、電子式安定器の安定性と効率そして活用範囲を決定する重要な概念です。 PSTEK電子式安定器は、Wide SOA領域に安定的にUVランプの点灯が行われるように設計されています。特に、PSTEK電子式安定器は、保護回路が動作しているR0の値を設定することで、過電圧、つまりUVランプの過熱を防止します。設定されたWarming R0の値を超える場合は、主に使用環境の異常を警告して設定を超えると、電子式安定器は、UVランプの爆発を防止するために動作を停止します。そのため、UVランプの寿命を拡張させるだけでなく、応用システムの安定性も確保することができます。

Comments are closed.